「北極海航路」とVenta Maersk:18日間vs 36日間: ИА «Кам 24»

「北極海航路」とVenta Maersk:18日間vs 36日間

19 сентября 2019, 17:26 1513

8月29日にペトロパブロフスク・カムチャツキー市の港から出発した原子力ラッシュ船「北極海航路」は9月15日にサンクトペテルブルグの港に繋留 しました。

強力なアイスクラス船は北極海航路を通じて、スカンディナヴィア半島を曲がって、ロシアの北部の首都、サンクトペテルブルク市の港に荷重を8.5千屯も18日間以内に連行したした。上記の荷重の大分はカムチャツカ製の水産物です。原子力ラッシュ船は今、帰るための準備をされながら、ロシアの北極海岸にあるいくつかの港に連行するべき荷重は積み込まれます。

「北極海航路」は最低でも今年一回、同じような水産物の荷重を届くためにペトロパブロフスク・カムチャツキー市からサンクトペテルブルグまで往航する見込みです。カムチャツカ半島の今年の鮭の漁獲量は奇数年にとって破天荒の指数-380千屯に達する見込みです。そうならば、ロシアの消費者のための品質のいい水産物をサンクトペテルブルグへ上記の船で連行すると、船の負担力を完全使用するよになりそうです。

当初は、「北極海航路」はアバチャ湾からフィンランド湾までの距離を20日以内に超えられると想定されていました。しかも、原子力ラッシュ船はこの長い距離を予定より2日間早い超えられました。

専門家は、原子力発電所のある船が同じ名称のこの輸送ラインでさらに大きな速度を実証できると信じています。

ところで、スカンディナヴィア半島を曲がずに、直接にバレンツ海と白海の海岸がとこにあるムルマンスク市とアルハンゲリスク市に荷重を連行すると、2週間以内で水産物を送達できそうです。そして2週間以内なら、それは本当に新記録になります。

しかも2006年には、最速の船ではなく「カレリア」と「マガダネツ」という国境警備船は、ムルマンスクの近くにあるクブシンスカヤ・サルマ湾から出発して、8日間でペトロパブロフスク・カムチャツキー市に着きました。

北極海航路のテストの実行の往航は、ロシアだけでなく注視されています。ヨーロッパとアジア間の最短航路を使用する明確な計画や隠された計画を持っている四隣もそれに関することに深い興味をもっているということが明らかになっています。

最近までは、これらのオブザーバは、デンマークのコンテナ船Venta Maerskの昨年の経験、つまり、カムチャッカ制の魚を輸送したことに基づいて、そのような往航の期間と収益性を予測しました。ところが、2018年8月~9月の往航は、そのような輸送の不採算を証明するように態態と計画されたかのようです。最初は、カムチャツカ製の水産物の1200屯はペトロパブロフスク・カムチャツキー市の「セログラズカ」ターミナルから沿海地方に連行されました。そこのボストチヌイ港で上記の荷重はコンテナ船Venta Maerskに積み込まれました。その後は、このコンテナ船沿海地方からプサンへ電気製品の荷重とりに渡航しました。Venta Maerskは韓国の港から8月28日に出発しました。そして、この船はカムチャツカと沿海地方の港を通り過ぎて、9月28日にサンクトペテルブルク市の港にやっと着きました。その時の配達期間は36日間になりました。そしてペトロパブロフスク・カムチャツキー市から水産物をボストチヌイ港までの連行されていた期間と港での預けた期間を勘案すれば、配達期間と物流費はものすごく高い指数に達します。その時、コンテナ船の所有者であるMaerskというデンマークの会社は北極海航路の開発にとって猛打かのようにとも思われる下記の声明しました:「このような異常な旅の後、乗組員と使用可能な船は無事で帰ることができて、うれしいです。現在、弊社は北極海航路は他の航路に代わる営利的に拠り所のある代替案とは考えていません。」

今度のこの原子力ラッシュ船の奏効の往航によって、水産物の輸送に関する北極海航路の収益性についての声明を上方修正しなければならないのではないか。

ところで、「北極海航路」は北極海の冷水に渡航してい時に、それに関する論議とさまざまな中傷が止まりませんでした。意外と、あるロシアの通信社でも間違いか情報不足のせいか中傷しました。この通信社の新聞記事によると北極海航路はサンクトペテルブルグまで続くことの代わりに、アラスカ半島の方へ向かって、それに従って上記の原子力ラッシュ船は水産物をロシアではなくてアメリカにあるサンクトペテルブルグに連行していたようです。それはもちろん事実と合わないことです。

それ以上付け加えることはほとんどありませんが、北極海航路を使用して水産物を船でそれぞれの港に連行するという提案は、国家委員会のビジネス評議会の北極開発についての会議でロゴジン・ドミトリー副首相にイリューヒン・ウラジミールと合意して、カムチャッカ開発公社ペギン・ニコライ旧理事長から初めてされたのは2015年9月18日のことです。

Подписывайтесь на новости Камчатки в Telegram. Самые важные новости - весь день на ваш смартфон.

Прежние новости на эту тему

Пока нет

Оставить свой комментарий   Некорректный логин или пароль
Аноним Ваше имя: Пароль: Зарегистрироваться Удаляются сообщения с вульгарной/обсценной лексикой в любом виде, переходы на личности, умышленное искажение имён и фамилий. В своих комментариях не нарушайте законодательство России, не призывайте к экстремизму и другим наказуемым деяниям.