幻想や過度の楽観主義のない北極海航路についての話: ИА «Кам 24»

幻想や過度の楽観主義のない北極海航路についての話

03 ноября 2020, 13:02 1776

北極海航路の開発の見通しは、先週ムルマンスクでミハイル・ミシュスティン首相が開催した会議で、幻想や過度の楽観主義なしに評価されました。首相とロシア連邦主構成体の行政長官、および北極圏に事業利益を拡大するそれぞれの主要企業の社長は、国家安全保障とその経済的利益を確保するという観点から、議論のために提起された問題を検討した。

 

原子力ラッシュ船はどこに行きますか?

10月19日にウラジミールプーチン大統領がロシア漁業庁のイリヤ・シェスタコフ長官と会談した際、北極海航路の開発には、宣言とデモンストレーションから現在のタスクの実用的な解決策への移行と、財政コストの有効性の考慮への移行が必要であるという考えが表明されました。多くのオブザーバーは、北極海航路に沿ってロシアのヨーロッパの部分に輸送する見通しを扱った大統領への報告の一部に注意を向けました。

 

イリヤ・シェスタコフ氏のこの公表から、今年はNSRに沿って太平洋の魚を配達する必要がないことは容易に理解できます。鉄道は既存の量に対応しています。北極圏を経由して配達された魚は、国内市場の魚介類の飽和に大きな影響を与えることはできませんでした。

軽量の運送業者セブモルプット(ロシア語で「北極海航路」)という原子力ラッシュ船は、9月にペトロパブロフスク・カムチャツキー市の港を出て、204個のコンテナに6.5千トンの冷凍魚を配送しました。これは、重量超過の貨物列車の積載量に相当します。

 

その技術的特徴によると、この船は1336個の20フィートのコンテナを輸送することができます。というと、セブモルプットはペトロパブロフスクを出たときは4分の1以下の負荷を配送しました。The Barents Observerというノルウェーの独立新聞は、これを小気味よさそうに報告することを急ぎました。この新聞によると上記の往航を収益性の高いビジネスアイデアというよりも宣伝活動だと思われるものだそうです。

 

反露的な態度でよく知られているノルウェーこの出版物は僻見だと分かり安ですが、それと同時に、予算の助成金なしで積載された船で配達された魚が非常に高い物流コストを持っていることに同意せざるを得ません。その値段はロシアの消費者には高すぎ、ビジネスにとっては絶対に不採算です。このような輸送作業なら恩恵を受けるのは、配達と発送の港だけです。

 

カムチャッカ発展公社の専門家は昨年、北極海航路で出荷するために魚介類の貨物を形成する際に、経済的便宜を宣伝に置き換えることの危険性について警告しました。 2015年9月18日の北極圏開発委員会のビジネス評議会の会議で、セブモルプット原子力ラッシュ船を使用して極東のシーフードをロシアのヨーロッパ地域に配達するというアイデアを提唱したのは組織でした。当時のロシア政府の副首相であるドミトリー・ロゴジンは、2019年にのみ可能だった実験往航を行うことを命じましました。

 

しかし、すでに2015年には、輸送の経済的収益性は、両方向の船舶の全負荷を確保することによってのみ達成できることは明らかでした。

そして、すでに軽量船の最初のサンクトペテルブルグからペトロパブロフスク・カムチャツキーまでのルートで起こった実験的な往航は、そのルート使用の便宜性の問題が明らかでした。 2020年1月、ロザトムというロシア原子力船公社の北極海航路および北極海航路局の沿岸地域開発局のマキシム・クリンコ局長は、記者会見で次のように述べています:「現在、この分野の有効化に取り組んでいます。このため、他のコンテナ船を借りる可能性を検討しています。予備計算では、それぞれ400個の40フィートの冷蔵コンテナの容量を持つ2隻のコンテナ船を使用する効率が示されています。残念ながら、カムチャッカからサンクトペテルブルクへの輸送はルートを長くします。したがって、私たちはムルマンスクで冷蔵貨物のための積み替え施設を建築したいと思います。」

しかし、今年、「セブモルプット」はアバチャ湾に再び現れ、4分の1の負荷をかけたままにして、再びサンクトペテルブルクに行きました。

大統領との会談でのイリヤ・シェスタコフの言葉から、将来的には、魚介類の委託品があるかないかということによって、カムチャッカへの往航が行われると結論付けることができます。

 

その上、「セブモルプット」が来年カムチャッカに来ない可能性が高い理由がもう1つあります。報道によると、10月に「セブモルプット」はロシア南極観測基地「Vostok」の貨物を受け取り、南半球に向かったそうです。地球の半分ほど超える長い航海の後、船は長い修理が必要になりそうです。

ロシアの極地ロジスティクスは依然として炭化水素に焦点を合わせています。

 

起業家や専門家コミュニティの間では、ロシアの極地ロジスティクスの開発に関する議論を計画や概念から特定の問題の解決に変える必要があるというのは明確です。ムルマンスクでの会議は、このビジネスのメッセージが聞かれたことを示唆しています。

 

起業家や専門家コミュニティの間では、ロシアの極地ロジスティクスの開発に関する議論を計画や概念から特定の問題の解決に変える必要が長い間ありました。ムルマンスクでの会議は、このビジネスメッセージが聞かれたことを示唆しています。

この話はやっと希望から実際の解決策に変えたことは、2つの理由によって提供されました。第一に、現代の状況にあるNSRは、将来、世界の海上輸送の重要な部分を担うことができることが明らかになりました。

 

そして第二に、国内の石油・ガス部門は、アジアとヨーロッパの外国の消費者に炭化水素を供給するための最適なルートとして、今日すでに北極圏に関心を持っていることが判明しました。極地ロジスティクスの収益性は、別々の輸送スキームによって保証されます。これには、高緯度での高氷クラスの艦隊の使用と、それに続くハブ港での貨物の、温帯および熱帯海域での航行を目的とした船への積み替えが含まれます。

 

そのようなロジスティクススキームの開発を最初に提案し、また半島の東海岸にコンテナと炭化水素ターミナルを建設する必要性を実証したのは、カムチャッカ発展公社であったことを思い出してください。そして、4年前に公社によって提案された北極輸送の概念に非難者が大勢いたのですが、今日、その実用的な価値は証明されていると考えられています。ムルマンスク会議に参加したロシア極東・北極開発連盟のアレクサンダー・コズロフ大臣も、このコンセプションは承れられたと述べました。当人は、砕氷船でアジアに貨物を運ぶのはばかなことで、積み替えが必要ですと述べました。

 

北極海航路の開発を担当するロシアのそれぞれの組織は、ユーラシア大陸の南から北への国際コンテナ交通の方向転換を当面の議題に追加しません。ロザトムというロシア原子力船公社の北極海航路局長のビャテスラブ・ルキシャは、NSRが2030年までに本格的な真の国際輸送回廊になると想定しています。

ムルマンスクでの会合では、北方への配達、商品の輸入、ヨーロッパからアジアへの商品の輸送に関連する交通量は230万トンと推定されていると述べられました。この指数の大幅な変化は、世界的な経済成長の条件下でのみ可能であり、これは明らかに、近い将来に起こらなさそうです。

今年、NSRに沿った貨物輸送の指標は、3100万トンから3200万トンの範囲、つまり昨年のレベルで予測されています。成長はありませんが、経済プログラムの大幅な縮小と世界貿易の量の減少という文脈において、昨年の指標に達することは、北極ロジスティクスの需要とその成長の可能性を示しています。

 

ムルマンスクでの会議で、北方への配達、商品の輸入、ヨーロッパからアジアへの商品の輸送に関連する交通量は230万トンと推定されていると述べられました。この立場の大幅な調整は、世界的な経済成長の条件下でのみ可能であり、これは明らかに、近い将来に期待する価値はありません。

今年、NSRに沿った貨物輸送の指標は、3100万トンから3200万トンの範囲、つまり昨年のレベルで予測されています。

 

成長はありませんが、多くの経済プログラムの縮小と世界貿易の量の減少という状況で、昨年の指標に達することは、北極ロジスティクスの需要とその成長の可能性を示しています。

ムルマンスクでの会議で、今後数年間で、NSRに沿った貨物輸送の成長は一般的にロシアの石油とガス産業に繋がると議論しました。炭化水素の輸出を増やすことで、2024年に極地の海上交通量を8000万トンにするという国務長官の任務は、実行の大きなチャンスがあると言えます。

 

アレクサンダーコズロフ氏は、極地ロジスティクスの期待されるパラメーターに到達することを可能にするプロジェクトをリストしました。北極海航路の積載を確保できる企業の中で、大臣は最初にPJSCNovatekを上げましました。

大臣は、同社がムルマンスクとカムチャッカに積み替え複合施設を建設していることを想起しました。会議では、LNG輸送ターミナルに必要なインフラストラクチャの作成を含む連邦プログラムの実施が遅れると、運転開始が複雑になる可能性があることが発表されました。それらの連邦プログラムは、浚渫、ナビゲーション機器、停泊施設などに関するものです。

 

アレクサンダーコズロフは、次のように説明しました。

関連施設が2022年の第1四半期に運転開始されない場合、積み替え複合施設の建設の計画時間が延長する可能性があり、PJSCNovatekを失望させます。

同社の最高経営責任者であるレオニード・ミケルソン氏も同様の懸念を表明しました。「専門家によれば、ベシェビンスキー湾での浚渫作業に関する契約を2月までに締結する必要があります。」

同時に、レオニード・ミケルソン氏は、ベチェビンスカヤ湾にLNGターミナルを建設することで、目的の実施とともにカムチャツカ地方のガス化の問題が解決されると述べました。

 

会社の明確な決意さ、計画の規模に疑いの余地はありません。 Novatekの最高経営責任者は会議で、Zvezda沿岸工場で建設されている、NSRで使用するための15隻の氷上クラスのLNGタンカーについて発表しました。 Novatekは、地質調査を5〜6倍に増やし、10年間で年間最大7000万トンのLNGを生産する準備ができています。

ロジスティクスに繋がっているカムチャッカの開発手法

ベチェビンスカヤ湾にターミナルを建設することで、カムチャッカによる潜在的なロジスティクスの戦略的活用が始まります。それは、半島の地理的な位置が良好であり、東海岸にいくつかの深い非凍結湾が存在するからです。

 

PJSC Novatekに加えて、北極海航路に沿ってそれぞれの商品の輸送に興味があり、カムチャツカ地方でターミナルを建設する計画を持っている会社が少なくとも2社あります。このようなプロジェクトで収益を得ることができるのは、極地ロジスティクスが国際輸送システムに積極的に組み込まれた後だと明らかです。NSRでの通年運航できるようになると、極地ロジスティクスの発展は非常に加速します。それが実現に叶えるのはまだありえないほどです。だって、80〜85年前、1 回の往航で北極海航路を超えるのは成果と見なされていました。

 

現在は、非常に実用的なミケルソン氏でさえ、極海での通年運航が実現だと確信しています。 Novatekはすでに北極圏の運行を8か月に拡大しています。

「今年の5月から6月にかけて、このルートで中国への超早期往航を共同で実施しました。 5月から1月までの安全な航海の可能性が実質的に確認されています。次の課題は、北極圏の東部で通年運航できるようにすることです。」とレオニード・ミケルソン氏はムルマンスク会議で述べました。

これは、カムチャッカを国際ロジスティクスの輸送拠点として積極的に使用することの始まりを示します。現在は、カムチャッカの開発計画は、経済の3つの分野、つまり漁業、観光業、鉱業に基づいています。しかし、それらのすべては、限られた生態学的、人口統計学的、輸送資源のために、特定の限界までしか発展することができません。国際ロジスティクスへの統合は、カムチャツカ地方の経済に新たな原動力を形成するだけでなく、半島の経済生活の伝統的な分野にさらなる相乗的な推進力を与えるでしょう。

ムルマンスク会議では、カムチャツカに影響を与える別のグローバルプロジェクトが議論されていました。

ロシア連邦のデジタル開発通信マスコミュニケーション大臣マクスット・シャダエフ氏は、ロシア全土へ携帯電話サービスを提供しているメガフォン社が率いる投資家グループが発表した、ヨーロッパとアジアの交通の通過を組織化するための東京からヘルシンキに沿った光ファイバー回線を構築するプロジェクトについて話しました。北から南に伸びているカムチャッカ半島が、世界の2つの地域を結ぶ光ファイバー通信回線を敷設するための最も自然なルートであることは明らかです。

しかし、東京とヘルシンキの光ファイバーリンクはまだプロジェクトです。ペトロパブロフスク・カムチャツキー・アナディール光ファイバー回線の敷設がもうすぐ始まります。

半島は、そして近い将に戦略的に重要なインフラストラクチャプロジェクトの実施ポイントになります。

Новости Камчатки в WhatsApp - постоянно в течение дня. Подписывайтесь одним нажатием!

Прежние новости на эту тему

Пока нет

Оставить свой комментарий   Некорректный логин или пароль
Аноним Ваше имя: Пароль: Зарегистрироваться Удаляются сообщения с вульгарной/обсценной лексикой в любом виде, переходы на личности, умышленное искажение имён и фамилий. В своих комментариях не нарушайте законодательство России, не призывайте к экстремизму и другим наказуемым деяниям.