ビチェビンスキーヤップ湾がカムチャツカ先行発展領域に含められた理由: ИА «Кам 24»

ビチェビンスキーヤップ湾がカムチャツカ先行発展領域に含められた理由

13 декабря 2019, 19:33 4987

ロシア連邦極東開発省は、カムチャツカ先行発展領域の境界を拡大することについて公言しました。それにおける政令は、ロシア連邦のドミトリー・メドヴェージェフ首相により署名されました。

Kam 24通信社は、「カムチャッカ開発公社」の社長であるユリヤ・ハリトノワにカムチャツカ先行発展領域の境界を拡大における理由について解説させられました:

ロシア連邦のドミトリー・メドヴェージェフ首相に署名されました第1580 号政令は、ロシアのエネルギー輸送業者の東アジア諸国(中国、韓国、日本)へのアクセス拡大、またロジスティクス分野における、カムチャツカ地方だけでなく全ロシアにとって大事な投資プロフィットの実施を保証する見込みです。

カムチャツカ先行発展領域には、ベチェビンスカヤ湾の水域とそれに隣接する用地が含まれています。PJSC NOVATEKの最近の公言によると、当社は現場でフランスと日本の外国のパートナーとともに、液化天然ガスの海上積み替え施設の建設を開始する予定があるようです。

PJSC NOVATEKが運営する北極圏の鉱床で生産されるLNGは、カムチャツカの東海岸にアイスクラスタンカーで配送される予定です。この目的のために、季節的な中断なしに北海航路で運航できる既存のガス運搬船団に加えて、5つのArc7クラスのタンカーが「ズベズダ」沿岸工場に建設されています。

カムチャッカ半島の海岸、凍らないベチェビンスカヤ湾から、液化燃料は短期保管後、温帯・熱帯で航行専用タンカーが最終消費者に届けられます。計算によると、このような企図は、LNG輸送の高い収益を保証する見込みです。

このガスの一部がカムチャツカ地域のエネルギー施設の需要を満たすことが計画されています。この目的で、ベチェビンスカヤ湾からペトロパブロフスク・カムチャツキーまで燃料を輸送する小型タンカーの建設が提案されています。

初期データによると、施設の運転開始の後に、約200人がそこの複合施設でハイテク職場を受け取ります。本プロジェクトの実施への個人投資総額は700憶ルーブル以上です。2028年の初めまでに、すべてのレベルの予算に対する税収は245億ルーブルを超えると予想されています。しかし、プロジェクトの開始者によって、これらの数値が上方修正するる可能性があります。 PJSC NOVATEKの社長のンレオニード・マイケルソの最近の声明からわかるように、このエネルギー会社は燃料生産の大幅な増加によりカムチャッカ複合施設の容量を増やすつもりです。

Подписывайтесь на новости Камчатки в Telegram. Самые важные новости - весь день на ваш смартфон.

КОММЕНТАРИИ

? (аноним) | 13 декабря 2019 г, 21:11

Чо?


Оставить свой комментарий   Некорректный логин или пароль
Аноним Ваше имя: Пароль: Зарегистрироваться Удаляются сообщения с вульгарной/обсценной лексикой в любом виде, переходы на личности, умышленное искажение имён и фамилий. В своих комментариях не нарушайте законодательство России, не призывайте к экстремизму и другим наказуемым деяниям.